2020年10月14日

10月度社長研修実施

皆さまこんにちは。
金木犀の香りで秋を感じる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
さて、10月10日(土)に10月度社長研修を実施いたしました。
今回のテーマは
【事業を語ろう】
でした。
私たち第一電建の大事にしている経営理念、そして行動規範には
『電気』や『電気工事』という言葉は入っていません。
電気工事を通して目的を果たすために様々な取り組みを行っております!
目的とは、経営理念の具現化ですが、
お客さま、社員、地域の三方良しの経営を目指しております!
まちとひとが明るい未来にて、
笑顔を輝かせている状態であるための架け橋となることを大事にしています。
いくら建物の構造が良くても、
そこに住んでいる人が豊かな暮らしを営むことができているか、それは分かりません。
私たちが電気工事を通して、
「どれだけ当たり前の暮らしに息吹を吹き込むことができるか」
によって構造が活かされ、快適な暮らしを営むことができるようになるのです!
お客様のお困りごとを解決し、
「よかった、助かりました」というお声をいただくことができるというのは大変ありがたいことですが、
ただの「良い人」で終わっていないかを
省みる必要があるということが社長より伝えられました。
「お客様の喜びと安心に貢献する提案」をするということが大事であり、
自分たちの喜びに満足していてはいけません。
一瞬一瞬の喜びを提供できるかどうか、その結果が安心をもたらします!
電気工事を売る前に事業目的があります。
まずは第一電建の特質といったところを買っていただきます。
その中で、〇〇さんを買っていただきます!
人間模様を基本として、売る・売らないという最終段階へと向かいます!
なぜ、第一電建が業界ナンバーワンを目指しているのか??
業界ナンバーワンとなることで、
この地域に1番影響を与えることができ、1番街と人を輝かせることのできる会社となれるのです!
業界ナンバーワンに向けて今挑戦していること、
したことを来月の社長研修にて1ヶ月間での行動を
完結して持って来て欲しいとの社長からのメッセージがありました!
できそうだと思うことは真の挑戦ではなく、
人の力を借りなければできないことや心のブレーキを外さなければできないことが挑戦です!
すべて行動で結果を示すこと。
行動で表現しないと成果は出ません。
事業価値を知り、自分でやるということが大事です!
「目に見えない将来を行動によって目に見える状態に築いてほしい」
というメッセージにて今回の社長研修は締め括られました。
私たちが実現すると決めているビジョンをイメージして、
それに向かい行動を起こすことでしか、
未来を現実にできません!
これからも経営理念・ビジョンの具現化のための、私たち一人ひとりの活躍にご期待ください
第一電建へのお問い合せメッセージの送信はこちら

PAGE TOP