共感採用
って?

ほしいのは、
学歴やスキルじゃない。
第一電建の理念に
“共感”してくれる人。

私たち第一電建は、ただ電気工事の作業を行うのではなく、
喜びと安心をもたらすサービスを提供することで、
街と人の豊かな暮らしに貢献することを目指しています。

当社では、この理念や価値観に共感してくれる仲間を大募集。
私たちの想いに共感してくれる人であれば、
学歴やスキルの有無を問わず、積極的に採用をさせて頂きます。

play

第一電建の
“想い”がわかる、
スペシャルムービー!
YouTubeで公開中!

第一電建って
こんな会社

地域貢献への取組

地域に寄り添う
「街のサポーター」をめざして

インフラ事業や暮らしのお困りごとを解決するサービスの提供を通して、
「街と人が明るく輝く社会」になるようサポートをしていきたいというのが、第一電建の願い。
そのため、地域とのつながりを大切にし、地域が活性化できるような取組みを行っています。

住まいるレスキュー隊

一般のご家庭にも「安心や安全を届けたい」という想いから、2012年に発足。電気工事はもちろん、水道や空調工事、ときには草むしりや家具の移動まで、様々なニーズにお応え。今では「住まいるレスキュー隊」の車で道を走っていると、近所の子供たちが手をふってくれるほど、地域に馴染んだ存在になっています。

第一電建フェスタ

地域の方との絆を深めるために、2011年から毎年開催しているイベント。作業車体験コーナー、抽選会、ステージイベントなど、来場者に楽しんでもらえるおもてなしを社員が企画し運営を行っています。2016年は2500人を動員。地域の方に喜んで頂けるだけでなく、社員にとっても地域の方と交流を深められる大切なひとときです。

スポンサーとして
福岡を応援

サッカークラブ「板付FC」のメインスポンサー、毎年12月に博多駅前広場と福岡市役所前広場で開催されている人気イベント「福岡クリスマスマーケット」の協賛を務めています。

人財教育への想い

「人間力」を養える、
さまざまな勉強の場を提供

社員には「仕事力」だけでなく、人間性を磨き「人間力」を身につけてほしいと考えています。
そのため、技術やビジネスマナーの習得だけでなく、一対一で社長と語り合う「社長と飲む会」など
ユニークな研修も実施。会社と仕事を通して、全社員が自己実現できる環境を作っています。

社長研修&社長塾

「社長研修」は全社員に対して「理念の共有」ができるよう、月に1度開催。「社長塾」は経営について学べる自由参加の勉強会であり、次世代の社長候補や幹部生を誕生させる目的で開催されています。いずれも社員同士が切磋琢磨できる場として、活気あふれる会になっています。

マナー研修

「作業ができる」だけでは、お客さまに”当たり前の満足”しか提供できないもの。第一電建では月に1度、外部講師を招いたマナーアップ研修を実施し、おもてなしの心や接遇などを細かい指導を受けることで、”当たり前の満足以上の満足”をお客さまに与えられるよう努めています。

社長と飲む会

全社員のひとりひとりと、社長が食事会を実施。何を食べたいかなどの要望を事前に社員に聞いた上で、社長自ら食事の場をセッティング。社員の仕事の目標や課題、家庭状況などに社長がじっくりと耳を傾け、社員への理解を深めることで、今後の方向性などを確認する貴重な機会となっています。

給与・福利厚生の充実

会社はひとつの家族だから、
社員の幸せをとことん追求

企業にとって「人」は何より大切なもの。第一電建は会社をひとつの家族と考え、
従業員のプライベートを充実させることで、より豊かな人間性を育んでほしいと願っています。
そういった想いから、給与設定や福利厚生を整え「全社員の物心両面の幸福」を追求しています。

給与設定

第一電建の理念に共感して働いてくれる社員たちのため、初任給は一般平均より高めに設定。入社後は、人財育成制度を取り入れた公平な昇格制度があるため、給与のベースアップが可能に。また、みんなの頑張りで業績がアップしたときは「決算賞与」がもらえるなど、数々の給与手当を設けています。

誕生日休暇制度

従業員本人の誕生日は、仕事はお休みに。その他にも「子供の出生時に父親休暇制度」など、育児や介護に関する10以上の制度を設けています。

「朝型勤務」の推奨

社員の健康的な生活やプライベートの充実を図るため、当社では定時退社を推進。残業を減らし、早朝に仕事をする「朝型勤務」を推奨しています。早朝時間に勤務した場合は、時間外手当が支払われます。

中休み

1時間半の休憩時間とは別に、午前と午後それぞれ15分間休憩できる「中休み」を設定。おやつを食べながら談笑したりとリフレッシュできる時間に。

働く環境

よい仕事をするために、よい仕事ができる環境を整えています。
オフィス風景や設備など、職場環境を写真にてご紹介。

※画像をタッチすると説明が読めます

2012年に新設された本社。3Fや屋上にはソーラーパネルを設置し太陽光発電システムを導入するなど、環境問題にも取り組んでいます。

ガラスを多く使用し、明るく開放感あふれた空間のオフィス。窓の向こうは山々を望むことができる、気持ちのいい環境です。

社員ひとりひとりの心がけのおかげで、駐車場の社用車・工事用車両等はいつもきれいに整列されています。

年齢や経歴も、さまざまながスタッフ在籍。お互いを敬いつつもフランクに話せる職場環境となっています。

社員
インタビュー

お客さまとも仲間とも、ちゃんと向き合えるのが楽しいんです。お客さまとも仲間とも、ちゃんと向き合えるのが楽しいんです。

先輩社員 Vol.1

田口 幹雄

部署:電設事業部 内線グループ 工務チーム
社歴:入社3年目
転職歴:第二新卒

Q. どんな仕事をしていますか?

入社後は「内線グループ」に所属し、住宅、ビル、店舗、官庁など、さまざまな建物の電気設備工事を担当。入社2年目には現場で作業員の皆さんを指示・監督する、現場監督の仕事の経験もさせてもらいました。

Q. 第一電建に転職した理由って?

A.自分が社会の役に立ち、人に喜ばれる仕事ができると思ったから

前職では研究開発をしていて、お客さまの声が聞けなかったんです。「こういったものが求められているのかな?」とパソコンに向かって、一方的に考えるしかなくて。それでお客さまと直接やりとりができ、もっと喜んでもらえる仕事をしたいと思うようになりました。会社説明会で第一電建の理念を聞いて、「人々の生活を豊かにするような仕事をしたい」という自分の想いと一致したので、前の仕事と業種は違いますが、入社を決めました。

Q. 転職する際に大切にしたことは?

A. 社内の雰囲気の良さ。
ここなら長く働けると思いました

仕事内容だけでなく、会社の雰囲気ってすごく大切ですよね。実は入社をする前に本社の前を通りがかってみたら、自分のことを知らない社員さんたちがみんな挨拶をしてくれたんです。そうやって第一電建の人は、近所の方にいつも挨拶をしているんですよ。スタッフの礼儀正しさや、休憩時間にみんなが笑顔でいるのを見て、ここの社風なら楽しく働いていけると感じました。

Q. 仕事でうれしかったことは?

A. フェスタを通して、地域の方とつながりが生まれたこと

「第一電建フェスタ」を行うと、来場された方々との絆ができるんです。エアコンの取付に伺うと「来年のフェスタの招待状を持ってきてくれたら近所に配っておくよ」と言われたり。車で街を走ると「この前のフェスタ楽しかったよ」と声をかけられたり。そういうのがうれしいですね。

Q. 第一電建の魅力って?

A. 会社の規模が大きくないからこその、抜群のチームワーク

工事を行うグループは3班に分かれていて、それぞれ業務内容や役割が違うんですが、ときにはお互い協力し合います。学校などの施設を作る班が電柱が必要になると、電柱を担当している班が「時間を作って行くよ」と、自然に連携ができるんです。会社の規模が大きくないからこそ、横のつながりがあって話し合える。だから、現場のときだけでなく会社で机に座ってるときも、うるさいくらいみんなで話をしてますよ(笑)。

安定性や将来性の良さ。「総合力」での魅力が、転職の決め手になりました。安定性や将来性の良さ。「総合力」での魅力が、転職の決め手になりました。

先輩社員 Vol.2

中島 久美子

部署:管理グループ
社歴:入社3年目
転職歴:転職2回目

Q. どんな仕事をしていますか?

入社後は「管理グループ」に所属し、総務関係の中でも請求管理や給与管理を主に行っています。現在では入札関係の資料の作成や、求人に関する対応も携わっています。

Q. 第一電建に転職した理由って?

A. 会社の安定性やスタッフの年齢層など、総合で魅力を感じました

何かひとつが決め手になったというよりも、「総合的にいいな」と思いましたね。社屋はきれいで清潔感がありますし、会社の創業年数は長く、取引先との関係もしっかりしていて将来性の良さも感じました。幅広い世代のスタッフがバランスよく在籍しているのも魅力でしたね。若い人だけでなく、年齢を重ねた人もいるので「自分もここで働けば、こんな風になっていくんだな」という勤務後の想像がしやすかったです。

Q. 入社して驚いたことは?

A. 年齢や経験を敬いながらも、垣根なく話せる関係性の良さ

入社する前は「縦社会があるだろうな」と萎縮していたんですが、若い世代の社員も、20年以上勤務しているベテランも、自由に話ができる雰囲気に驚きました。自分の考えや気持ちを伝えやすい環境なので、新人でもどんどん意見を出して、発表も行っています。私の面接の際にも、社長や人事担当者が話しやすい雰囲気を作ってくれるのを感じましたので、当社に興味がある方は恐れずに話を聞きに来てほしいですね。

Q. 第一電建に向いているのは、どんな人?

A. 事務でも現場でも責任感を持って、丁寧に仕事に取り組む人

公共物に携わる仕事だと工期も長いので、責任を持って前向きに取り組める人が向いていますね。そして、第一電建の人は男性でも女性でも仕事が丁寧なんです。たとえば書類にしても、役所に提出をして世間一般に公示をされるものなので、みんな細かく丁寧に仕上げています。書類の記入等ひとつにしても「ここはもっとこんな風に書いた方がわかりやすいよ」といった教育をしていますので、入ってからきちんと教わることができますよ。

Q. 職場の好きなところを教えてください

A. 社内の雰囲気をやわらげてくれる、みんなでの“おやつタイム”

毎日ではないですけど、3時くらいにみんなでお菓子を食べるときがあるんです。会社への頂きものが配られるときもあれば、「忙しい時期だからこそ、ちょっと落ち着こう」とスタッフが差し入れてくれたりもします。現場のスタッフが鯛焼きを買ってきてくれることも。そうやって「これ誰が買ってきてくれたの?」と話しながら、一服できる空気感がうれしい。その後に仕事を再開するときは「よし、がんばろう」と気合いが入ります。

社長
メッセージ

「ありがとう」って言われながら成長できる会社、それが第一電建です。 代表取締役 髙山 幸治「ありがとう」って言われながら成長できる会社、それが第一電建です。 代表取締役 髙山 幸治

私たちが目指しているのは、ただ電気工事を行うのではなく、お客さまの心に喜びをもたらすようなサービスができる企業。第一電建は単なる”電気工事業”の会社ではなく”電気工事も得意なサービス企業”なんです。だから当社では、電気工事がしたいというよりも、この「第一電建マインド」に共感してくれる人を求めています。

そして、このようなマインドを持つからこそ、社外だけでなく社内に対しても「心でつながる人間的な会社を作ること」に力を入れています。今後の当社全体の目標としては、9年後のホールディングス化や売上目標30億などがありますが、単なる規模拡大ではなく、10年後もみんなが笑顔でいれる会社にすべく、社内環境や福利厚生も整えています。

当社では、幅広い業務を通してスキルが身に付くのはもちろん、それ以上にお客さまから「ありがとう」という言葉を頂く喜びを得ることができます。お客様を笑顔にし、自分も笑顔で誇りを持って働ける第一電建で、あなたも新たな一歩を踏み出しませんか。

まち、ひと、かがやく 第一電建株式会社

仕事にお買い物、学校と、なにげなく歩く街が今日も安心であるように。
人が暮らす上で大切な、家での生活が、今日も笑顔で過ごせるように。
明るく暮らせる地域を支える存在として、第一電建はいつも街と人のそばにいます。
「この街に暮らしてよかった 」と、あなたに喜んで頂けることを目指して。

働くなら、意外と、第一電建 2018年度”共感”採用スタート! いいかも!

第一電建のウェブサイトはこちら